【予告】ABTT相談会を開催します

ART BOOK TERMINAL TOHOKU 2017 開催前に、『ABTT相談会』を4月、5月、6月と毎月1回開催します!

 

 

「出品してみたいけど本を作るのははじめて...」「今年はちょっと変わった綴じ方に挑戦してみたい!」など、

本づくりに関するあんな悩みこんな悩み、ABTTに関する疑問質問などなど...予約は不要ですのでお気軽にお越しください。

本を綴じるための道具の紹介や、過去の出品作品のサンプル展示も行う予定です。


ーーーーーーーーーー
アートブックターミナル東北 2017参加の流れ、募集要項はポータルサイトでチェック!


〈ART BOOK TERMINAL TOHOKU ポータルサイト〉
http://www.cyg-morioka.com/abtt/


【チケット取扱情報】劇団かっぱ/劇団もりのべる×劇団ちゃねる

 

  現在ショップにて取扱中のチケットをご紹介します。

 

  今週18日(土)から劇団かっぱ、劇団もりのべる×劇団ちゃねるの公演がはじまります。

  コラボ企画も行っている2団体。会場も近いので、はしごで観劇も良いかもしれません。

  勢いのある学生劇団の公演。みなさまぜひご注目ください。
 

 

◉ 岩手大学劇団かっぱ 第33代卒業公演「父と私」

 

 

−落ちた、襷、きっと、、、

第33代劇団かっぱの卒業公演です。これは、劇団かっぱが33年間続いてきたということを意味しています。

その歴史の中で私達が入団し、4年という月日が経過しました。いつしか後輩も入団し、今では36代まで在籍しています。

そのようにして、きっとこの先も劇団かっぱは続いていくのでしょう。今回の劇は、きっとこの先もずっと続いていく劇団かっぱの中で、1つの節目となるのでしょうか。

−−−これは、父と私の、お話です。

 

劇団かっぱ第33代団員の卒業公演。

脚本・演出は昨年11月にCygでの公演「どこかの国のアリス、あるいはなんとかランドのピーターパン」、もりげき王「生きているんですか」など記憶に新しい村田青葉。

 

☆以前掲載した村田青葉とCyg清水の対談記事も今一度ご覧ください。

「青葉くんのあたまん中」 http://blog.cyg-morioka.com/?eid=136

 

☆劇団かっぱ Facebookページでは「父と私」キャストの紹介や特別企画のインタビューも。ぜひこちらも覗いてみてください。

https://www.facebook.com/gekidankappa/

 


2017年
3月18日(土)15:00- 19:00-
3月19日(日)11:00- 15:00-
※各回30分前開場
会場:盛岡劇場タウンホール
◉前売券 800円
◉当日券 1,000円
主催:岩手大学劇団かっぱ

 

☆3月18〜20日に、いわてアートサポートセンター風のスタジオにて行われる
「劇団もりのべる×劇団ちゃねる 第3回合同公演 ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」とのコラボ企画
◉セット券 1,200円
◉コラボ割 受付にて半券ご提示で200円キャッシュバック
※セット券とコラボ割の併用はできません
※セット券は劇団かっぱに直接お問い合わせください。

 

お問い合わせ
ホームページ:http://kappahome.web.fc2.com
メール:kappa_iwatedai@yahoo.co.jp
Twitter:@gekidankappa 最新情報はTwitterにてご確認ください。

ーーーーーーーーーー

 

◉ 劇団もりのべる×劇団ちゃねる第3回合同公演「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」

 

 

廃業になった遊園地・ラビットピアランド。

そこでは、うさぎの着ぐるみを着た男・トシローと、全く同じ服に身を包んだ四人の女性が奇妙な共同生活を送っていた。

「ユク」

トシローの眼前で死んだその女は、今なおトシローの理想として胸に焼き付いている。

そしてその幻影は、四人の女たちに「ユク」の姿をとらせるー

 

盛岡大学演劇部「劇団もりのべる」と、岩手県立大学演劇部「劇団ちゃねる」による合同ユニット。通称「もりちゃね」。

第3回目となる今回の合同公演では、本谷有希子の脚本に挑戦。ぜひ注目ください。

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」出演の赤澤穂乃香もキャストで参加しています。

 

2017年
3月18日(土)17:30-
3月19日(日)13:00- 19:00-
3月20日(月・祝)14:00-
※各回30分前開場
会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ
◉前売券・予約 800円
◉当日券 1,000円
主催:盛岡大学演劇部劇団もりのべる、岩手県立大学演劇部劇団ちゃねる

 

チケットを買いに行けないという方は予約もできるようです。

☆チケット予約
メール予約 gekidan.channel@gmail.com
予約フォーム https://gekidan-channel.jimdo.com/ticket/
お名前、メールアドレス、希望日時、枚数を記入してメールをお送りください。
劇団から確認メールが届いた時点で予約完了です。
(3日以上経過しても予約完了のメールが届かない場合はお手数ですが再度お問い合わせください)

 

【もりおか学生演劇祭り!もりちゃね×かっぱ】
3月18日・19日にもりおか劇場タウンホールにて上演の「岩手大学劇団かっぱ 第33代卒業公演 父と私」とのコラボレーション企画!
★劇団かっぱ「父と私」とのお得なセット券:1,200円
★劇団かっぱ「父と私」の半券を受付にて提示すると、前売・当日問わず200円キャッシュバック!
※セット券・ポストカードとの併用はできません
※セット券は劇団に直接お問い合わせください。


お問い合わせ
メール:gekidan.channel@gmail.com
Twitter:@channel_nobell 最新情報はTwitterにてご確認ください。

 

ーーーーーーーーー

 Cygにてチケットをご購入のお客さまに、次回チケット購入やCygでのお買い物の際に使用できる30円の金券を差し上げております。ぜひご利用ください。

 

 また、Cygのショップでは、盛岡近郊で開催されるイベント(演劇/ライブ/ダンス/コンサート等)のチケットをお取り扱いいたします。チケットの委託販売をご希望の際はお気軽にお問い合わせください。

 

 


ABTT ポータルサイト リニューアル

ART BOOK TERMINAL TOHOKU ポータルサイトをリニューアルしました。

 


web上でも今年の募集要項や参加の流れを確認できます。

まだ時間がありますので、ぜひゆっくりとご確認いただければと思います。

 

また、5月20日(土)から参加登録専用のメールフォームを設置いたします。

あなたの中に溜まっているたくさんのイメージを一冊の本にして、楽しんでご参加ください。
----------------
ポータルサイトでは他にも、これまでの出品作品の紹介や、たくさん売れた人気作、おもしろい綴じ方といったコンテンツをご用意しています。本づくりの参考にぜひご覧ください。

 

ART BOOK TERMINAL TOHOKU ポータルサイト

http://www.cyg-morioka.com/abtt/

 


レポート「Cyg × 盛岡演劇」

こちらの記事はCyg INFO 2017年3月号にも掲載されています。

 

 

昨年の9月から連続で4つの盛岡の演劇の団体を紹介してきました。

それぞれ個性的な4つの団体は成り立ちや考え方、手法は違えど、挑戦をやめないで居続けようとする団体であったと感じています。

 

定期的に公演を重ね、くらもちひろゆきと高橋拓のタイプの異なる2人の劇作家の作品を発表する「架空の劇団」。

架空の劇団「架空の劇団の歴史展と上映会」 2016.9.24 (土) - 10.6 (日)

 

 

まだ大学生の村田青葉が結成し、演劇でしかできない楽しさを追求しチャレンジする「演劇ユニットせのび」。

演劇ユニットせのび「どこかの国のアリス、あるいはなんとかランドのピーターパン」2016.11.3 (木・祝) - 6 (日)

 

 

盛岡で唯一コントを得意とし様々な能力を持った個性的な劇団員が集まる、肩の凝らない軽演劇がモットーの「劇団ゼミナール」。

劇団ゼミナール「ゼミナールEXPO」2016.12.3 (土) - 25 (日)

 

 

巧みな言葉遊びの連続と特異な演出で観た人をその世界に引きずり込む嵯峨瞳の「片目で立体視」。

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」2017.2.25 (土) - 26 (日)

 

 

普段とは違うギャラリーという場所にもかかわらず、様々なアイデアを楽しみながら具現化していく姿は勉強になることも多くありました。今後も演劇の企画をみなさまに提供していきたいと考えております。

 

それぞれの企画の詳しい内容については下記ページをご覧ください。

http://www.cyg-morioka.com/archive.html

 


Cyg INFO 最新号を発行しました

 

先日Cyg INFO 最新号を発行いたしました。

(TwitterとFacebookでは先にお知らせしていましたが、ブログでも改めてお知らせします。)

 

ショップカウンターと、ビル内のチラシ置場に先行して設置いたしました。お近くまで来た際はお立ち寄りください。

また、Cyg INFOは東北各地の美術館、ギャラリーや施設を中心に配布しております。今週から順次配布いたしますので見かけた際はぜひお手にとってご覧ください。

 

 

表紙は次回企画の、眦長平「P and M」(ペインティング アンド モーメント)。

山形在住のペインター 眦長平の展覧会を開催します。

今回の展示では会期前からギャラリー内にアトリエを設置し、滞在制作をしながら空間を構成していきます。

さらに、山形在住の映像作家である菊地翼との共同による映像作品も制作。

展覧会や作家についてなど、後日詳しくお知らせいたしますので、みなさま楽しみにお待ちください。

 

 

裏表紙は「ART BOOK TERMINAL TOHOKU 2017(アートブックターミナル東北 2017)」

開催期間の詳細や、募集要項を発表しました。

これまで毎年春に開催してきたアートブックターミナル東北。今年から開催期間が夏に大移動!

そして今年から参加方法が少し変わります!

webで参加登録をして、展示用作品1冊と販売用作品5冊の合計6冊をまとめて送るだけ!と、これまでよりシンプルになりました。

 

Cyg INFOに掲載している参加の流れと募集要項のページ、このようにたくさんの情報が載っています...!が、まだ時間もありますのでぜひゆっくりとご確認いただければと思います。

近日中にABTT ポータルサイトでも募集要項を公開いたしますのでお待ちください。

 

 

アートブックターミナル東北 2017の詳しい情報も、今後お知らせしていきますのでお楽しみに。

あなたの中に溜まっているたくさんのイメージを一冊の本にして、楽しんでご参加ください。

 

また今回のCyg INFOには、

・昨年秋からの演劇企画のレポート記事

・Cygのとなりで活動するpropとproproomのお知らせ「ぷろっぷ通信」

・現在ショップで販売中のチケット情報

・今年の企画スケジュール

など、情報が盛りだくさん。ぜひご覧ください。

 


ART BOOK TERMINAL TOHOKU 2017 予告

Cygが毎年開催している「本」の形の表現を展示販売するイベント「ART BOOK TERMINAL TOHOKU (アートブックターミナル東北)」。
今年からエントリー締切と開催期間が夏に変わります!

 

 

募集要項は3/11発行、配布開始のCyg INFO最新号に掲載しております。
また、ABTTポータルサイトやSNS等でもお知らせいたしますのでみなさまお楽しみに!

 

----------
◉「ART BOOK TERMINAL TOHOKU (アートブックターミナル東北)」とは

 

 

東北の作家に焦点を当てた企画展ギャラリー「Cyg art gallery(シグ)」が主催する、「本」のお祭り。
ZINE、アートブック、画集、写真集、記録集、絵本など「本」の形の表現を募集し、展示・販売します。


2012年、2013年は「ZINE STOP TOHOKU」として開催後、「ART BOOK TERMINAL TOHOKU」として続け、2017年で6回目の開催です。これまで、延べ510もの本がエントリー。5000名を超える方が会場を訪れ、それぞれに興味のある本を手にしていただいています。

 

東北ゆかりの作者による「本や冊子の形式を使用した表現」または「表現を本や冊子の形式にしたもの」を対象とし、 アート全般、デザイン、ファッション、建築、舞台、映画、工芸、漫画、文章、詩、絵本など、様々な表現の作品を募集します。 手軽にコピー機で作ったZINEから、重厚な作りの画集まで、「本」の形であれば出品可能です。

 

 


現在取扱中のチケット情報

 

現在Cygのショップにて取扱中の公演チケットをご紹介します。

 

 

◉劇団 短距離男道ミサイル 20発目
母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ 〜キャンピングカーで巡る真冬の東北二十都市挨拶周りツアー♨いいか、お前ら事故るなよ、ぜったい事故るなよ!!編〜

 

 

劇団 短距離男道ミサイルとは
2011年「震災後の仙台、そして日本を励ましたい、これからの復興に向け、自分たちに出来ることは何かないだろうか。」という呼び掛けから産声をあげた演劇パフォーマンス集団。
仙台・東北に根差した題材を大切に、ストーリー性よりもシーンの爆発力、瞬発力で勝負していく特異なスタイルにより生まれた作品群は、「テンションとエモーションにおいて世界レベル」と評され、仙台のみならず、全国的なムーブメントを巻き起こしている。メンバーは全て男で構成され、舞台上ではほぼ裸である。

 

結成五周年の締めくくりは、キャンピングカーで共同生活をしながら真冬の東北六県二十都市を大移動する弾丸ツアー。太宰治の「人間失格」を骨子に据えて語られる俳優たちの姿は、滑稽ながらも観る者の心を強く揺さぶる。今までの自分たちとの決別と、東北にこだわり続け新しい時代を担う決意を込めた、劇団 短距離男道ミサイル五年目にして原点回帰の自伝的構成演劇。

 

2017年
3月14日(火)19:00 -
※受付・開場は開演の20分前

会場:いわてアートサポートセンター 風のアトリエ
料金:2,000円
『時は金なり』割り…各公演、開場の10分以内に来場されたお客さまの中から抽選で1名様に、豪華プレゼント贈呈!

 

公演特設ページ http://srmissile.xyz
短距離男道ミサイル ウェブサイト http://srmissile.wixsite.com/missile

 

ーーーーーーーーー

 

◉ 岩手大学劇団かっぱ 第33代卒業公演「父と私」

 

 

−落ちた、襷、きっと、、、

第33代劇団かっぱの卒業公演です。これは、劇団かっぱが33年間続いてきたということを意味しています。

その歴史の中で私達が入団し、4年という月日が経過しました。いつしか後輩も入団し、今では36代まで在籍しています。

そのようにして、きっとこの先も劇団かっぱは続いていくのでしょう。今回の劇は、きっとこの先もずっと続いていく劇団かっぱの中で、1つの節目となるのでしょうか。

−−−これは、父と私の、お話です。

 

劇団かっぱ第33代団員の卒業公演。

脚本・演出は昨年11月にCygでの公演「どこかの国のアリス、あるいはなんとかランドのピーターパン」、もりげき王「生きているんですか」など記憶に新しい村田青葉。

 

以前掲載した村田青葉とCyg清水の対談記事も今一度ご覧ください。

「青葉くんのあたまん中」 http://blog.cyg-morioka.com/?eid=136


2017年
3月18日(土)15:00- 19:00-
3月19日(日)11:00- 15:00-
※各回30分前開場
会場:盛岡劇場タウンホール
◉前売券 800円
◉当日券 1,000円
主催:岩手大学劇団かっぱ

 

☆3月18〜20日に、いわてアートサポートセンター風のスタジオにて行われる
「劇団もりのべる×劇団ちゃねる 第3回合同公演 ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」とのコラボ企画
◉セット券 1,200円
◉コラボ割 受付にて半券ご提示で200円キャッシュバック
※セット券とコラボ割の併用はできません
※セット券は劇団かっぱに直接お問い合わせください。

 

お問い合わせ
ホームページ:http://kappahome.web.fc2.com
メール:kappa_iwatedai@yahoo.co.jp
Twitter:@gekidankappa 最新情報はTwitterにてご確認ください。

ーーーーーーーーーー

 

◉ 劇団もりのべる×劇団ちゃねる第3回合同公演「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」

 

 

廃業になった遊園地・ラビットピアランド。

そこでは、うさぎの着ぐるみを着た男・トシローと、全く同じ服に身を包んだ四人の女性が奇妙な共同生活を送っていた。

「ユク」

トシローの眼前で死んだその女は、今なおトシローの理想として胸に焼き付いている。

そしてその幻影は、四人の女たちに「ユク」の姿をとらせるー

 

盛岡大学演劇部「劇団もりのべる」と、岩手県立大学演劇部「劇団ちゃねる」による合同ユニット。通称「もりちゃね」。

第3回目となる今回の合同公演では、本谷有希子の脚本に挑戦。ぜひ注目ください。

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」出演の赤澤穂乃香もキャストで参加しています。

 

2017年
3月18日(土)17:30-
3月19日(日)13:00- 19:00-
3月20日(月・祝)14:00-
※各回30分前開場
会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ
◉前売券・予約 800円
◉当日券 1,000円
主催:盛岡大学演劇部劇団もりのべる、岩手県立大学演劇部劇団ちゃねる

 

チケットを買いに行けないという方は予約もできるようです。

☆チケット予約
メール予約 gekidan.channel@gmail.com
予約フォーム https://gekidan-channel.jimdo.com/ticket/
お名前、メールアドレス、希望日時、枚数を記入してメールをお送りください。
劇団から確認メールが届いた時点で予約完了です。
(3日以上経過しても予約完了のメールが届かない場合はお手数ですが再度お問い合わせください)

 

【もりおか学生演劇祭り!もりちゃね×かっぱ】
3月18日・19日にもりおか劇場タウンホールにて上演の「岩手大学劇団かっぱ 第33代卒業公演 父と私」とのコラボレーション企画!
★劇団かっぱ「父と私」とのお得なセット券:1,200円
★劇団かっぱ「父と私」の半券を受付にて提示すると、前売・当日問わず200円キャッシュバック!
※セット券・ポストカードとの併用はできません
※セット券は劇団に直接お問い合わせください。


お問い合わせ
メール:gekidan.channel@gmail.com
Twitter:@channel_nobell 最新情報はTwitterにてご確認ください。

 

ーーーーーーーーー

Cygにてチケットをご購入のお客さまに、次回チケット購入やCygでのお買い物の際に使用できる30円の金券を差し上げております。ぜひご利用ください。

またCygのショップでは、盛岡近郊で開催されるイベント(演劇/ライブ/ダンス/コンサート等)のチケットをお取り扱いいたします。

チケットの委託販売をご希望の際はお気軽にお問い合わせください。

 


片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」

 

2/25(土)・26(日)上演

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」は終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

 


6回も、2016年12月31日大晦日。

 

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」はいよいよ今週末初日を迎えます。

今回の企画についてCyg 清水が綴った文章をご紹介します。ぜひご覧ください。

 

-----------------------------------------------------


盛岡の短編戯曲コンテストにて「seventeened」「feed(back)」を発表。
観客の票を集めること無く注目を集めた嵯峨瞳が本格的に活動開始。

 

このコピー書いたの僕です。嵯峨ちゃんは笑って許してくれました。


昨年から続いてきた「Cyg × 盛岡演劇」
架空の劇団、演劇ユニットせのび、劇団ゼミナール、ときました。 それぞれはまったく違うけれど、それぞれが「重要な役割」を担っているのではないかと考えてCygでは選んでいます。

 

で、いよいよこのシリーズの最後となる、片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」が今週末初日です。

25(土)26(日)計6回公演します。 6回も、2016年12月31日大晦日。

 

2014年の嵯峨ちゃんが発表した「seventeened」で気持ちが持ってイカれて3年。彼女は大学生から、社会人になりました。

「嵯峨さんと話をしてみたいんです」と共通のとある知人(劇団ゼミナール 八木さん)に相談をしてなんとか出会いました。めっちゃ緊張した〜。まるで片思いですね。

 

彼女の描く世界は、素直な天邪鬼の矛盾だらけの行動。 そして、嵯峨ちゃんは「A」を見せずして、見た人の脳に「A」を映せる能力を持っています。 ズレにズレながらもなんとか繋げるのは自分のこの脳があるせいなんだと、じんわり思うはずです。

みんな気づいてないけど、バタフライ効果的に考えると嵯峨瞳が盛岡にいなかったら、みんな生きるの嫌になっていると思います。

 

ということでみなさんお待ちしてます!

 

-----------------------------------------------------

 


片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」

 


2017年
2月25日(土)13:00- 16:00- 19:00-
2月26日(日)11:00- 14:00- 17:00-
※開場各日20分前


会場:Cyg art gallery
料金:一般1,500円/学生1,000円(各公演40席)



起承転は既に終わってしまった。くる年も裸足で逃げ出す訳ありアパートの大晦日、結待つばかりの二人が為に鐘は鳴る。

吸血鬼は居ない、愛も無い、笑っていいのか分からない、詐称的吸血鬼ラブコメディー。

 

公演詳細はこちらをご覧ください。 http://www.cyg-morioka.com/exhibition/2017021/index.html

 

上演時間は約60分と、短い時間で楽しめる演目です。

当日券もございますので、お出かけの合間にいかがでしょうか。お気軽にお越しください。
※25日(土)と26日(日)は公演時間以外はどなたでもご入場できます。常設・ショップにもぜひお立ち寄りください。

 

 

 


現在取扱中の公演チケットをご紹介

 

現在ショップにて取扱中の公演チケットを公演日順にご紹介。

2月下旬から3月にかけても、盛岡市内では演劇公演が盛りだくさん。

気軽に観に行ける公演が多いので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

 

 

◉ 劇団コトナコナタ 第9回公演|したまち小劇場祭2017参加作品 「愛ごっこ、夢ごっこ」

 

ある日男が家に帰ると、そこにはいつの間にかいなかったはずの「家族」がいて…!?

「家族」との過ごす時間はごっこ遊びなのか、それとも…。


2012年劇王湘群偲一大会岩手県予選に参加するために書き下ろされた、沼邉茂希の書下ろし短編。

今回は劇王上演時には大幅にカットされたシーンを全て加えてノーカット版でお届けします。また劇団としては初めてのダブルキャストを実施し、役者と演出の違いによる観劇の楽しみを提案いたします。

 

2/24 (金) ♥20:00-

 25 (土) ♥13:00- / ★15:00- / ♥17:00- / ★19:30-

 26 (日) ★11:00-

全6ステージ|ダブルキャスト ♥愛組 ★夢組 ※開場は開演の20分前、受付開始は30分前

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ

チケット:前売 500円 / 当日 800円 / 通しチケット(前売のみ) 700円

※日時指定・全席自由 ※未就学児入場不可

 

主催:盛岡市、特定非営利法人いわてアートサポートセンター、盛岡まち並み塾

企画・制作:劇団コトナコナタ

 

最新情報等は下記ページにてご確認ください。

ウェブサイト:http://kotonakonata.pya.jp

Twitter:@kotonakonata

Facebook:/kotonakonata

ーーーーーーーーーー

 

◉ 片目で立体視 「心理的瑕疵物件ブルース」

 

起承転は既に終わってしまった。

くる年も裸足で逃げ出す訳ありアパートの大晦日、結待つばかりの二人が為に鐘は鳴る。

吸血鬼は居ない、愛も無い、笑っていいのか分からない、詐称的吸血鬼ラブコメディー。

 

メインストリームに置いて行かれた生き辛いあなたの懐刀(割腹用)になりたい。
嵯峨瞳が脚本と演出を手がける「片目で立体視」初の単独公演。盛岡の短編戯曲コンテストにて「seventeened」「feed(back)」を発表。観客の票を集めること無く注目を集めた嵯峨瞳が本格的に活動開始。

 

2017年
2月25日(土)13:00- 16:00- 19:00-
2月26日(日)11:00- 14:00- 17:00-
※開場各日20分前

会場:Cyg art gallery

◉一般1,500円/学生1,000円(各公演40席)

企画:シグと片目で立体視

 

公演詳細はこちらをご覧ください。http://www.cyg-morioka.com/exhibition/2017021/index.html

 

CygのSNSでも公演情報等を発信中。

Twitter:@cyg_morioka

Facebook:https://www.facebook.com/Cyg-187830404634584/

ーーーーーーーーーー

 

◉ 第6回 盛岡劇場「劇団モリオカ市民」公演 「あの年の盛岡2011」


 

2年に1度公演を行ってきた「あの年の盛岡」3部作シリーズ、最終作。

1896年、1933年と続き、舞台はいよいよ現代・2011年のあの時へ。

 

キャスト・スタッフを市民から募集している「劇団モリオカ市民」の公演。「あの年の盛岡」シリーズ3部作の完結編は2011年。東日本大震災発生時の盛岡の様子や沿岸に住む人たちとの交流を描きます。ぜひご覧ください。

 

2017年
3月4日(土)14:00- 19:00-
3月5日(日)14:00-

※開場30分前

会場:盛岡劇場メインホール

◉前売券 1,000円
※日時指定・全席自由
主催:盛岡劇場「劇団モリオカ市民」公演実行委員会・盛岡演劇協会・盛岡市文化振興事業団

 

劇団モリオカ市民 ブログ:http://mshimin.exblog.jp

河村睦のモリシミライフ:https://www.facebook.com/河村睦のモリシミライフ-398289110338219/

制作チーフ河村睦さんによる視点で綴られているページ。稽古風景や舞台の用語などもわかりやすく解説されています。

ーーーーーーーーーー

 

◉ 岩手大学劇団かっぱ 第33代卒業公演「父と私」

 

−落ちた、襷、きっと、、、

第33代劇団かっぱの卒業公演です。これは、劇団かっぱが33年間続いてきたということを意味しています。

その歴史の中で私達が入団し、4年という月日が経過しました。いつしか後輩も入団し、今では36代まで在籍しています。

そのようにして、きっとこの先も劇団かっぱは続いていくのでしょう。今回の劇は、きっとこの先もずっと続いていく劇団かっぱの中で、1つの節目となるのでしょうか。

−−−これは、父と私の、お話です。

 

劇団かっぱ第33代団員の卒業公演。

脚本・演出は昨年11月にCygでの公演「どこかの国のアリス、あるいはなんとかランドのピーターパン」、もりげき王「生きているんですか」などが記憶に新しい村田青葉。

以前掲載した村田青葉とCyg清水の対談記事も今一度ご覧ください。 http://blog.cyg-morioka.com/?eid=136


2017年
3月18日(土)15:00- 19:00-
3月19日(日)11:00- 15:00-
※各回30分前開場
会場:盛岡劇場タウンホール
◉前売券 800円
◉当日券 1,000円
主催:岩手大学劇団かっぱ

 

☆3月18〜20日に、いわてアートサポートセンター風のスタジオにて行われる
「劇団もりのべる×劇団ちゃねる 第3回合同公演 ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」とのコラボ企画
◉セット券 1,200円
◉コラボ割 受付にて半券ご提示で200円キャッシュバック
※セット券とコラボ割の併用はできません
※セット券は劇団かっぱに直接お問い合わせください。

 

お問い合わせ
ホームページ:http://kappahome.web.fc2.com
メール:kappa_iwatedai@yahoo.co.jp
Twitter:@gekidankappa 最新情報はTwitterにてご確認ください。

ーーーーーーーーーー

 

◉ 劇団もりのべる×劇団ちゃねる第3回合同公演「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」


廃業になった遊園地・ラビットピアランド。

そこでは、うさぎの着ぐるみを着た男・トシローと、全く同じ服に身を包んだ四人の女性が奇妙な共同生活を送っていた。

「ユク」

トシローの眼前で死んだその女は、今なおトシローの理想として胸に焼き付いている。

そしてその幻影は、四人の女たちに「ユク」の姿をとらせるー

 

盛岡大学演劇部「劇団もりのべる」と、岩手県立大学演劇部「劇団ちゃねる」による合同ユニット。通称「もりちゃね」。

第3回目となる今回の合同公演では、本谷有希子の脚本に挑戦。ぜひ注目ください。

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」出演の赤澤穂乃香もキャストで参加しています。

 

2017年
3月18日(土)17:30-
3月19日(日)13:00- 19:00-
3月20日(月・祝)14:00-
※各回30分前開場
会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ
◉前売券・予約 800円
◉当日券 1,000円
主催:盛岡大学演劇部劇団もりのべる、岩手県立大学演劇部劇団ちゃねる

 

チケットを買いに行けないという方は予約もできるようですのでご利用ください。

☆チケット予約
メール予約 gekidan.channel@gmail.com
予約フォーム https://gekidan-channel.jimdo.com/ticket/
お名前、メールアドレス、希望日時、枚数を記入してメールをお送りください。
劇団から確認メールが届いた時点で予約完了です。
(3日以上経過しても予約完了のメールが届かない場合はお手数ですが再度お問い合わせください)

 

【もりおか学生演劇祭り!もりちゃね×かっぱ】
3月18日・19日にもりおか劇場タウンホールにて上演の「岩手大学劇団かっぱ 第33代卒業公演 父と私」とのコラボレーション企画!
★劇団かっぱ「父と私」とのお得なセット券:1,200円
★劇団かっぱ「父と私」の半券を受付にて提示すると、前売・当日問わず200円キャッシュバック!
※セット券・ポストカードとの併用はできません
※セット券は劇団に直接お問い合わせください。


お問い合わせ
メール:gekidan.channel@gmail.com
Twitter:@channel_nobell 最新情報はTwitterにてご確認ください。

 

ーーーーーーーーー

Cygにてチケットをご購入のお客さまに、次回チケット購入やCygでのお買い物の際に使用できる30円の金券を差し上げております。ぜひご利用ください。

またCygのショップでは、盛岡近郊で開催されるイベント(演劇/ライブ/ダンス/コンサート等)のチケットをお取り扱いいたします。

チケットの委託販売をご希望の際はお気軽にお問い合わせください。

 


| 1/19PAGES | >>