【販売中】岩手県立美術館 企画展「広重 ― 雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく」

岩手県立美術館 企画展「広重 ― 雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく」前売券販売中。

 

 

歌川広重の主要な風景版画約150点を展示し、鑑賞ポイントを一つひとつ紹介しながら、作品の魅力を読み解きます。

 

日時:2019年 6月8日(土)ー7月15日(月・祝)
場所:岩手県立美術館 企画展示室(盛岡市本宮字松幅12-3)
開館時間:9:30ー18:00(入館は17:30まで)*6月21日(金)は9:30ー21:00(入館は20:30まで)
休館日:月曜日

 

◎前売券 ※販売は6月7日(金)まで
[ 一般 ] 前売800円(当日1,000円) 
[ 高校生・学生 ] 前売500円(当日600円)
[ 小学生・中学生 ] 前売300円(当日400円)

 

ーーーーーー

講演会、ワークショプ、ギャラリートークなども開催されます。詳細はウェブサイトをご確認ください。

岩手県立美術館 企画展「広重 ― 雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく」

http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190608.htm

 


【販売中】ボーイズドレッシング第3回公演「ああ、どうしましょう」

ボーイズドレッシング第3回公演「ああ、どうしましょう」チケット販売中。

 

 

(※画像クリックで拡大表示)

 

いつとも、どこともつかない、国と、時代で。
徴兵から逃れるため、深い森へと逃げ込んだ姉妹。やっと見つけた山小屋に忍び込んだ姉妹を出迎えたのは、映画評論家とその編集者と称する2人の女。そして共にひと晩を過ごす事になった4人の女達の前に、
この山小屋の主人だと言い張る少女がやって来る。ひょんな弾みで少女を殺してしまった女達。
途方に暮れる彼女たちの山小屋に、次々と訪れる夜の訪問者。
夜明けまでのゆるやかな地獄が、こうして始まる。

 

ーーーーーーーーーー

2019年 6月
29日(土)15:00-★ 19:30-
30日(日)11:00-★ 15:00-▲
各回開場は開演の20分前、上演時間100分(予定)
★の回は終演後に「アフター怖い話トーク」あり
▲の回は終演後に誰かが何かやります

 

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ(盛岡市肴町4-20永卯ビル3F)

 

◎ チケット

一般 前売1,500円(当日2,000円)
U22・学生 前売1,000円(当日1,500円)
※U22・学生チケットは22歳以下と学生のお客様が対象です。購入窓口にて証明証のご提示をお願いいたします。

 

◎ 訳アリ席 10円 & 500円
※一部の演出が見辛いお席となっております。
※WEBチケット予約のみでの取り扱いです。
【WEBチケット予約(日時指定)】https://www.quartet-online.net/ticket/bois 
上記URLからアクセスのうえお申し込みください。

 

ーーーーーーーーーー

◉ ボーイズドレッシングとは

2015年結成。団体として第15回盛岡市民演劇賞、制作企画部門受賞。9月には初の東京公演を控える。

 

WEBサイト https://boisdressing.jimdo.com
Twitter https://twitter.com/boisdressing( @boisdressing )#ボイドレどうしま
Facebook https://www.facebook.com/boisdressing/

 


【販売中】スガダイロートリオ NEW ALBUM RELEASE TOUR 盛岡公演

スガダイロートリオ NEW ALBUM RELEASE TOUR 盛岡公演 チケット販売中。

 


ジャズ、クラシック、ヒップホップ etc、メンバーそれぞれの個性がクロスオーバーし、あなたの五感を全方位から刺激します。アーバンでいて扇動的、ミニマルなのにダイナミック。エンターテインメント最後のフロンティアへようこそ。

 

スガダイロートリオ 5年ぶりの新作!
千葉広樹(ベース)と今泉総之輔(ドラム)をメンバーにむかえ3年の歳月をかけて到達した新境地。
新編成後、初のフルアルバムとなる本作は、今年生誕120周年を迎えたデューク・エリントンの楽曲から「Solitude」、「African Flower」を。またセロニアス・モンク「Off Minor」、ジョージ・ガーシュイン「I loves you porgy」、ハービー・ニコルス「Wild Flower」、市野元彦「Oceanus」のカバーに加え、オリジナル楽曲ではデューク・エリントンの楽曲をモチーフにした「公爵、月へ行く」、『男はつらいよ』車寅次郎の名台詞からインスパイアされた「夏になったら鳴きながら、必ず帰ってくるあのツバクロさえも、何かを境にぱったり姿を見せなくなる事だって、あるんだぜ」、繊細なタッチが印象的なバラード「君の見る夢」などを収録。千葉、今泉の加入により、力強いグルーヴと透明感のある美しいサウンドに仕上がった本作は、現代音楽的でありつつもジャズのさらなる可能性を追求する一枚となっている。

 

ーーーーーーーーー

 

2019年 6月19日(水)開場18:00/開演19:00
会場:岩手銀行赤レンガ館(盛岡市中ノ橋通1-2-20)
◎ チケット 前売 3,500円(当日 4,000円)

 

協力:東家、喫茶carta

 

ーーーーーーーーー

 

◎ スガダイロートリオ(スガダイロー Piano/千葉広樹 Bass/今泉総之輔 Drums)

 

スガダイロー ピアニスト/作曲家/神奈川県鎌倉生

Jason Moran、山下洋輔、向井秀徳、中村達也、U-zhaan、灰野敬二、田中泯、飴屋法水、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzoらジャンルを越えた異色の対決を重ね、夢枕獏との共作や星野源の作品にも参加するなど、日本のジャズに旋風を巻き起こし続ける。

 

千葉広樹 ベーシスト/作曲家/岩手県盛岡生

現在は、Kinetic、Isolation Music Torio、サンガツ、蓮沼執太フィル、赤い靴、古川麦トリオ、優河、王舟、渡邊琢磨、haruka nakamura などで活躍、OMSB、K-BOMB,志人(降神)を迎えたKinetic 2ndアルバム「db」をBLACK SMOKER RECORDSからリリース。近年は、優河「魔法」のプロデュースや、Beatniks(高橋幸宏、鈴木慶一)、YUKI、吉澤嘉代子、関取花、前野健太、吉田省念、VIDEOTAPE MUSIC、Kie Katagi(Jizue)、古川麦などのレコーディングに参加。

 

今泉総之輔 ドラマー/青森十和田生

The BEATMOSS(ILMARI)、quasimode(BLUE NOTE)土岐英史、竹内直から、大友康平、K、Sowelu、minkまで多岐に渡る活動。須長和広とのCOSMIC TEMPLE始動。

 

https://www.sugadairo.com/dairosugatrio

 


【販売中】ライナー・ノーツ 旗揚げ公演「ジュエリー・ジェリー・ジャックポット」

いわてアートサポートセンター チャレンジシアター
ライナー・ノーツ 旗揚げ公演「ジュエリー・ジェリー・ジャックポット」チケット販売中。

 

 

(画像クリックで拡大表示)

 

私は今、困っている。
組んでいたバンドを解散したものの、メンバーが集まらないのである。
もう何度目かになるメンバー募集の張り紙をし、
今日も誰かが来るのを待っている。


私は今、困っている。
この先の自分の歩む道と、その道の歩き方みたいなものに。

 

ーーーーーーーーーーーーー

2019年 5月
18日(土)14:00- 18:00-
19日(日)11:00- 14:00-
*開場は開演の30分前 *上演時間は約70分を予定
*各回終了後にアフタートークを行います

 

会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ(盛岡市肴町4-20 永卯ビル3階)

 

◎ チケット
学生 1000円 / 一般 1300円 (当日各200円増)

 

ーーーーーーーーーーーー

◉ ライナー・ノーツとは
角舘信哉・星君佳の2名の脚本家による演劇プロデュースユニット。
「観たらほんのちょっとだけ豊かになる」をコンセプトに、誰かと感想を分かち合えるような劇作りを目指す。
現在団員募集中。

 

Twitter(@lineatNotes)https://twitter.com/lineatNotes
Instagram(lineatnotes)https://www.instagram.com/lineatnotes/

 


第十五回盛岡町家 旧暦の雛祭り「町家ひなまつりライブ」

第十五回盛岡町家 旧暦の雛祭り「町家ひなまつりライブ」(※公演は終了しました)

 

 

地域の年中行事として親しまれている 〜盛岡町家 旧暦の雛祭り〜
当館では、県内外で活躍中のJAZZピアニスト「鈴木牧子」と、ヴァイオリニスト「伊禮しおり」のデュオによる華やかなひなまつりライブをお届けします♬「春」「ひなまつり」をテーマに、ポップス、JAZZ、クラシック等々、才能豊かな2人による演奏を、是非お楽しみください♪(チラシより)

 

2019年 4月14日(日) 開場 13:00/開演 13:30

会場:もりおか町家物語館 浜藤ホール(盛岡市鉈屋町10-8)

 

◎チケット 前売1,500円(当日2,000円)※全席自由
*雛祭り通行手形をご提示された方には、当日受付にて500円お返しいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

◉ Jazz Pianist   鈴木牧子(すずき まきこ)

桐朋学園短大芸術科音楽専攻卒業後「アン・スクール・オブ・コンテンポラリー・ミュージック」にてジャズピアノを弘勢憲二氏に師事。1996〜98まで自己のカルテットで横浜ジャズプロムナードその他のコンテストで優秀賞三度受賞。2016、1stアルバム『My Dear』を発表。翌年発売記念ツアーを新宿ピットインなどで行う。2018、2ndアルバム『NEXT』を発表。2019、盛岡おでってホールなど3カ所でアルバム発売記念ツアーを行う。

・キャラホール主催「ジャズ鑑賞講座」講師

・盛岡市文化振興事業団評議員

・岩手県ピアノ音楽協会会員

 

◉ Violinist   伊禮しおり(いれい しおり)

東京音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。これまでに佐久間宏夫、増田真紀子、ツェラー・モニカ、東彩子、久保陽子、木野雅之各氏に師事。現在遠野市を拠点に演奏活動、後進の指導にあたっている。

・釜石・大槌地区復興応援ヴァイオリン教室『くらぶ海音』講師

・復興応援教室ミュージックサポート橋本ヴァイオリン講師

・岩手大学管弦楽団ヴァイオリントレーナー

・水沢Z管弦楽団 トレーナー

・いわてフィル在籍

・文化庁芸術家派遣事業に於いて県内の学校での演奏ツアーに参加

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
盛岡町家 旧暦の雛祭り
4月13日(土)ー14日(日)10:00〜16:00
鉈屋町・大慈寺界隈の町家や店舗を開放し、約40軒の会場に雛人形が飾られます。
【会場】盛岡市鉈屋町・大慈寺町界隈
【通行手形】500円(2日間有効)
【お問い合わせ】NPO法人盛岡まち並み塾事務局(019-656-1603)
ーーーーーーーーーーーーーーー


もりおか町家物語館 ウェブサイト http://machiya.iwate-arts.jp

 


岩手県立美術館 企画展「タータン 伝統と革新のデザイン」

岩手県立美術館 企画展「タータン 伝統と革新のデザイン」(※前売券の販売は終了しました)

 

 

スコットランド文化の象徴であり、世界中で愛用されているタータン。

布地や美術作品、資料等約270点により、その歴史や背景等を紐解きます。

 

会期:2019年 4月13日(土)ー 5月26日(日)

会場:岩手県立美術館 企画展示室

開館時間:9:30 ー18:00(入館は17:30まで)※4月26日(金)は9:30ー21:00(入館は20:30まで)

休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

 

主催:岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団

後援:ブリティッシュ・カウンシル、スコットランド国際開発庁、日本スコットランド協会、一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオ・もりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう 

宣伝協力:ROBINS

 

ーーーーーーーーーー

◎ チケット ※販売は4月12日(金)まで

[ 一般 ]  前売 800円(当日1,000円)

[ 高校生・学生 ]  前売 500円(当日600円)

[ 小学生・中学生 ]  前売 300円(当日400円)

 

*20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます。
*療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
*生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます。
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます(4月23日(火)ー4月25日(木)は展示替えのため常設展はご覧いただけません)。

*5月5日(日・祝)は18歳未満の児童・生徒の観覧が無料です。(高校生は生徒手帳をご提示ください)。

 

ーーーーーーーーーー

展覧会詳細は、岩手県立美術館ウェブサイトをご確認ください。

http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190413.html

 


カンザスハリケーン 旗揚公演「Tender Rain」

いわてアートサポートセンター チャレンジシアター
カンザスハリケーン 旗揚公演「Tender Rain」(※公演は終了しました)

 

 

年齢・二十代、職業・強盗、通称・狼。
その日暮らしの男はある日、大きな玩具を盗んだ。
赤いフードを被った玩具は、自分を機械と名乗った。
オオカミと赤頭巾の、奇妙な共同生活が始まる。

 

脚本/演出/小細工 日本 人

出演 坂戸公輝・中村輝

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年 4月12日(金)19:30-/13日(土)19:30-/14日(日)14:30-
※開場は開演の30分前

 

会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ(盛岡市肴町4-20永卯ビル3階)

 

◎チケット 前売 1000円(当日1500円)/高校生以下 前売・当日ともに500円

 

公演最新情報(Twitter:@kansash1021)https://twitter.com/kansash1021

 


アンソロジー宮澤賢治 イーハトーヴォ発「ジョバンニの切符」

いわてアートサポートセンタープロデュース
アンソロジー宮澤賢治 イーハトーヴォ発「ジョバンニの切符」(※公演は終了しました)

 

 

(画像クリックで拡大表示)

 

アーティスト・イン・レジデンスでつくる 地域出演者やスタッフとの協働作品

 

東京から、岩手から。

集まってきた役者たちが、

賢治の世界に

どっぷりつかってつむぎ出す、

祈りと出発の劇的世界

 

脚本:新井浩介、こむろこうじ

演出:大谷賢治郎

構成:坂田裕一、新井浩介、こむろこうじ、多田純也

 

出演:坂元貞美、古舘一也、畠山泉、山井真帆、かとうちあき、山村佑理、岩崎野花

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【盛岡公演】
2019年 3月
22日(金)19:00
23日(土)14:00/19:00
24日(日)14:00
※開場は開演30分前より

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ(盛岡市肴町4-20 永卯ビル3F)

 


【久慈公演】
2019年 3月
29日(金)19:00
30日(土)14:00
※開場は開演30分前より

会場:久慈市文化会館(アンバーホール)小ホール(久慈市川崎町17番1号)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ チケット(全席自由席/日時指定)

[前売]一般 2000円/シニア(65才以上)1700円/学生 1200円
[当日]一般 2300円/シニア(65才以上)2000円/学生 1500円

 

◎ 公演専用インターネット予約、メール予約もあります。

詳細は「ジョバンニの切符」公演ページよりご確認ください。

http://iwate-arts.jp/?p=3282

 


もりげき八時の芝居小屋/第164回 なんだりかんだり読みがたり vol.25 「また次の春へ 〜東日本大震災に思いを寄せて〜」

もりげき八時の芝居小屋 第164回/なんだりかんだり読みがたり vol.25
「また次の春へ 〜東日本大震災に思いを寄せて〜」(※公演は終了しました)

 

 

2011年—。
東日本大震災があった「あの日」から2ヶ月。
さまざまな思いを胸に
被災地と向き合う四人家族と
小学校の一年間だけ、あの地で暮らした主婦
「また次の春へ」それぞれの「出会い」「あらたな思い」—


[上演作品](原作・重松清「記念日」「おまじない」(文春文庫『また次の春へ』所収))
◎ 28日上演「記念日」
小学五年生の麻衣は、学校で「被災地にカレンダーを送ろう」と呼びかけがあったと母親に話した。
手付かずのものは手元になく、使用中のカレンダーの家族の「記念日」を修正液で決して送ることに。
やがて夏休みの頃、カレンダーを受け取った仮設住宅暮らしのおばあさんから、塗りつぶしたはずの「記念日」を教えてほしい、と問い合わせが—。

 

◎ 29日上演「おまじない」
東京に住む主婦のマチ子さんは、40年前に一年だけ過ごした被災地の小さな町に思いを馳せていた。
小学校時代、たった一年間のクラスメイトは今どうしているだろう—。大型連休明け、いたたまれなくなったマチ子さんは当時の写真を持って一人、北へ向かった。町を見渡す「山の手」の公園では、仲良しだったケイ子ちゃんと遊んだブランコが二台。昔のまま風に揺れていた—。

 

出演:大塚富夫(IBCアナウンサー)、小野寺斉子

チェロ:三浦祥子

ピアノ:斎藤久実子

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年 3月28日(木)29日(金)両日とも19時30分開場、20時開演

会場:盛岡劇場タウンホール(盛岡市松尾町3-1)

 

◎ チケット 前売 1,000円(当日 1,200円)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

八時の芝居小屋 facebookページ https://www.facebook.com/8siba/

 


演劇ユニットせのび 第6回公演「月の流した涙、やがて君へ、海へ、たどり着く」

演劇ユニットせのび 第6回公演「月の流した涙、やがて君へ、海へ、たどり着く」(※公演は終了しました)

 

 

(画像クリックで拡大表示)

 

「俺さ、痩せたんだよ。」って、電話越しに行ってきたヒロちゃん。小学校まではすごい仲が良かったのに、中学に入ってからは疎遠になってしまって、結局そのまま。中学校の同窓会には顔を出さずに、「成人式の会場で会えると思ってた」って、バカ。政令指定都市だぞ、俺たちの住んでいた町。

 

「近いうちに連絡しますね。」って、別れ際に話したインターンシップ先でお世話になった職員さん。でもそれっきり連絡もなくて、口約束なんてそんなもんだよなあ、なんて思っていたらmessengerに連絡が来ていたことに2年後くらいに気づいて。今更返すこともできずに。

 

連絡をするには何か理由が欲しくて、でも相応しい理由は見つけられずに。

 

それでも、演劇なら。

 

いつでも、いつまでも、時間も距離もぶっ飛ばしてくれるって信じているから。

 

だから僕はこの劇を書きました。

 

今まで出会ってきたたくさんの皆さんと、これから疎遠になってしまうかもしれない皆さんへ。(村田青葉)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年 3月
2日(土)14:00/19:00
3日(日)11:00/15:00
◯開場は各回30分前、上演時間は90分程度
◯終演後に毎回アフタートークを開催予定

 

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ(盛岡市肴町4-20 永卯ビル3階)

 

◎ チケット(日時指定・全席自由/席数は各回60席を予定)
一般 前売1,800円(当日2,300円)
学生・U24 前売1,200円(当日1,700円)

 

◎ 高校生限定!「なかよし割」
高校生は2人で来ると1人無料でご観劇いただけます!

※受付にて学生証の提示をお願いいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

演劇ユニットせのび (Twitter:@senobi_engeki )https://twitter.com/senobi_engeki

 


| 1/5PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

Category

Archives